イサキ釣り の 道具 と 仕掛け を 紹介します。 
ロッド(釣り竿)


磯からの <ウキ釣り> などもありますが、一般的には<沖釣り>です。 釣り方は 胴付コマセ釣り もしくは 吹流しのコマセ 釣り になります。

オモリ付加 30号から100号 長さ2.4m〜3.6m前後  5:5調子 〜 7:3調子 くらいが良く使われます。釣り方 好み 地域差などで異なります。現地で よく使われているタイプを お勧めします。

             自作ロッドをお考えの方は こちらを参考に・・・GO!


リール


イサキ釣用のリールというのは 特にありません。 小型の両軸リールであれば 何でも使えます。

ラインは PE3号〜5号 100mから150mも
 
ロッドと同じで 高価なリールは必要ありません。

クーラー


イサキ専用なら 中型クーラーが  使い勝手が良いでしょう。

大きさ と 保冷力 持ち運びなどの 利便性を考えて 自分の釣りに あっている ものを 選びましょう。

30リットル 〜 45リットル を使われる方 が 多いようです。


ロッドキーパー(竿受け)


ロッドキーパーは、 小物用のロッドキーパーで対応できます。船の装着場所なども考えて 間違いのないロッドキーパーを選択してください
よく見かけられるのは 第一精工のラーク16DX・18(DX) やダイワのパワーホルダーです。

ロッドキーパー装着時には、クランプで 船に固定されるわけですが、何があるかわかりません。 必ず 尻手ロープロープ をつけてください。

ロープ でも何でもかまいません。 ちなみに筆者は 幅7mmの組みひもやロープ を使っています。

仕掛け


吹流し仕掛けなら 1本〜3本鈎、胴付サビキなら ハリスが長目のものが 有効です。

吹流し仕掛けは 簡単です。 パーツを購入して 自分で作ることが出来ます。

仕掛けは 多い目に準備しておきましょう。 結構 消耗が 激しい釣りです。

また 吹流しの場合 仕掛け以外に 片テンビン コマセカゴ (クッションゴム=釣り方好みによる)が、胴付仕掛けの場合 コマセカゴ (クッションゴム=釣り方好みによる)が 必要です。

コマセカゴは、資源保護の見地から、カゴの大きさ規制 が ある地域が増えてきました。はじめて 釣行する時は 事前に確認をして準備して置いてください。
                        参考仕掛け図は こちら   


錘(オモリ)


潮の流れ方、船の流し方で 重さを変えてください。

遊魚船の場合は 大半 あらかじめ指定されています。 船の指定に 合わせてください。大体 80号 〜 100号 が多いです。オモリは 指定号数の前後も (100号指定なら 80号 120号) 1つは持って行くと 安心です。
 
予備オモリは、 吹流しの場合は、 万が一を考え(テンビンの上で切れる場合がある) テンビン・カゴと同数用意 すると安心です。 めったなことはないので 2セット ないし 3セット で よいでしょう。

胴付の場合で、特に不慣れな方は、オモリは数個 用意していく方が無難です。 (カゴは 2個ないし3個)


ラジペンハサミ
ラジペンは針をはずしたり、金具の変形を治したりに使います。 錆び難いステンレスのものが長持ちします。 

ハサミは お祭りなどの時 糸を切ったり、毒魚の針を落としたり に使います。 指穴の大きな 植木バサミ や  キッチン バサミ が重宝します。 また 仕掛けの管理だけなら事務用のハサミでも十分使えます。

いずれも 使用後はしっかり水洗いして、 油分をつけて手入れしましょう。



 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009 イサキ釣りのホームページ All rights reserved.