スズキ目 Perciformes
亜目 スズキ亜目 Percoidei
イサキ科 Haemulidae
亜科 コショウダイ亜科 Plectorhynchinae
イサキ属 Parapristipoma
Bleeker,1873
イサキ P. trilineatum
学名 Parapristipoma trilineatum
(Thunberg,1793)
英名 Chicken grunt


イサキは、体長は、40cm以上になり、お刺身・塩焼き・煮付け・唐揚げ などなど 様々な料理でも食されているので、皆さんお馴染みです。

地域によって呼び名が たくさんありますが、「オクセイゴ、イサギ、クロブタ、コシタメ、エサキ、ウズムシ、カジヤコロシ、イセギ、イッサキ、ハンサコ、ハタザコ、ショフ、ジンキ、ソフ、クチグロマツ」 などなど 中でも 面白いのは カジヤゴロシ なんて呼び名もあります。  (イサキの骨がのどに刺さって鍛冶屋が死んだ とか?) また 幼魚は 鮮明な縦縞模様があり ウリボウ、ウリンボウ、イノコ (イノシシに似ている) などども呼ばれます。

東北地方以南の日本沿岸に棲んでいる イサキは、黄海、東シナ海、南シナ海にも分布しています。水深50m以内の 藻の多い 岩礁帯 が主な生息場所。

食性は 肉食性で エビ・カニ・ゴカイ類を捕食します。 釣りでは オキアミ や イカの短冊 青ジャムシ などが使われます。

産卵は夏で、 静岡県/御前崎・遠州灘辺りでは 5月 6月ころ、産卵を前に メス・オスとも 卵・白子が 腹が一杯になっています。 この頃の イサキは大変おいしく 高値で取引されます。 筆者がまだ若かりし頃 とある飲み屋さん で イサキの塩焼きを頼んだところ、小ぶりのイサキが 出てきてお勘定が ¥1200-/1尾 ときたので驚きました。 もちろん 地域差は あるでしょうが そのくらい 高価なのです・・・

話を戻してますが、静岡県/御前崎・遠州灘辺りの、 旬は高価なイサキも 7月くらいになると、独特の臭み をもつようになり、あまり喜ばれなくなります。

釣りにおいても、イサキは人気者です。 専門にイサキ狙いであったり、マダイのノッコミ狙いのお土産釣りなど、短時間に数を釣ることが出来る魚です。

明確なアタリと引き込みを見せ、マダイ釣りほど 棚を正確に取る必要もなく、浅場(浅いときは10m以内)で釣りが出来ること などなどが 人気の理由で、 初心者・ビギナーさん にも 十分楽しんでいただけるでしょう。
    
 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  イサキジ釣りのホームページ All rights reserved.